2016年10月05日

道迷い遭難

羽根田治さんの「道迷い遭難」を読んだ。
前回の「滑落遭難」と同様に遭難者の体験談を基に書かれている。
山歩きをしていると道迷いは何度か経験する。
その時にどうするか?
おかしいと分かっていても、登り返さないで下降してしまう。
赤テープを信用してしまう。
分岐を間違えてしまう。
数え上げたらきりがない。
道のない藪山だったら慎重になるのだろうが、一般登山道ではぼんやりと歩く事があるから、リスクはあると思う。
それにしても厳冬期の常念岳遭難は凄まじい。
凍傷で指は先端が無くなり。
道迷いで進退窮まり滝壺に飛び込む。
たどり着いた冬期小屋で靴を脱ごうとしたが、凍っていて脱げない。
ピッケルのピックで叩いて脱いだら、靴下のつま先が破けて靴に残ってしまった。
こんな描写を読むと恐ろしくなる。


posted by 鎮爺 at 06:46| Comment(0) | 読書

2016年10月02日

滑落遭難

羽根田修さんの「滑落遭難」を読んだ。
羽根田さんの著書はいくつか読んでいるが、遭難を冷静に分析して我々に警鐘を鳴らしてくれている。

この「滑落遭難」も例外ではない。
何気ない場所で誰にでも起こりうるということがわかる。
過去の事故事例を知るということは、とても大切なことであり、このような事例はどんどん紹介してもらいたい。
単独行よりも集団登山に危険が付きまとうという事実もある。
リーダーはメンバーを連れて行ってやる
メンバーはリーダーに連れて行ってもらう
こんなパーティーはどうなんだろう。
メンバーは独立した登山者であり、役割分担を担って山登りを遂行するのが本来の姿。
連れて行ってもらうというメンバーが存在した時点で「パーティー」ではなく「ツアー登山」なのだと著者は訴える。

トムラウシの大量遭難はどうだったのだろう。
ツアー登山であるが故の事故ではなかったのか。

事故事例を検証し読者が考えることが重要なのだろう。


posted by 鎮爺 at 20:42| Comment(0) | 読書