2016年11月27日

怪人二十面相

江戸川乱歩さんの「怪人二十面相」を読んだ。
乱歩作品は映画化、TVドラマ化されているのでどこかに記憶が残っている。
この作品もラジオドラマや単行本で読んだ思い出がある
今回購入したのは復刻版。
挿絵も当時の雰囲気を出しているし、漢字にはふりがなもある。
登場人物も少なくわかりやすい。
子供向けと言うよりも高齢者向けなのかも知れない。

怪人二十面相が高価な美術品窃盗をを予告
それを阻止しようと、警察そして明智探偵、小林少年、探偵団が活躍する物語。
今から考えるとツッコミどころ満載の展開だがだが、当時は真剣になって読んだのだろう。
このシリーズは大量に復刻されている。
読み始めると止まらない。




posted by 鎮爺 at 07:35| Comment(0) | 読書

2016年11月05日

空母 いぶき(5)

かわぐちかいじさんのコミック「空母いぶき5」を読んだ。
中国軍が住民を人質にとって占拠する多良間島に上陸作戦を敢行する。
自衛隊は住民および中国兵の犠牲を最小限に留めようとする。
ピンポイントでミサイルを破壊しようとする。

圧倒的に自衛隊が強い。
圧倒的に強い。
ここまで強いと爽快感を通り越して「やっぱり架空の物語」と思ってしまう。
次回は多良間島奪還のために地上戦が始まる。
リアリティーを求めた物語に期待したい。


posted by 鎮爺 at 07:38| Comment(0) | 読書

生還 山岳捜査官・釜谷亮二

大倉 崇裕さんの「生還 山岳捜査官・釜谷亮二」を読んだ。
山岳捜査官は遭難救助も行う山の鑑識係だ。
4編の物語から構成されており、いずれも山に関連した事件・事故を検証していく。
第四話の英雄は面白いと感じた。
5年前、中高年のパーティーが遭難した。
その中の一人が意を決して単独で下山、遭難場所を知らせて救出された。
彼は英雄として大々的に報道された。
しかし、これは狂言ではないかという疑惑が浮かぶ。
これを追い求めていたジャーナリストが雪崩の中から発見される。
はたしてこの真相は・・・

惜しいのは山の名前が架空の場所と言うこと
具体的な名前が出れば真実味が出そうな気がするが、著者にその知識が無いと言うことなのかも知れない。


posted by 鎮爺 at 07:16| Comment(0) | 読書