2017年08月07日

空母いぶき 7

「空母いぶき 7」を読んだ。
最近は北朝鮮問題がクローズアップされているが、尖閣諸島を巡る危機は解決していない。
こちらにも関心を持つべきだ。
物語はいよいよ緊迫してきた。
日本は人命尊重という立場からジレンマに悩む。
苦肉の選択として総攻撃開始の時間を通告する。
果たして人民解放軍は撤退するのか、それとも全面戦争に突入するのか。
次回が楽しみだ。

posted by 鎮爺 at 20:58| Comment(0) | 読書

2017年08月06日

短編少女

「短編少女」を読んだ。
9名の作家による短編が収録されている。
それぞれに個性があっておもしろい。
やはり読みやすいというのが一つの目安で印象が強くなる。
中田永一さんの「宗像くんと万年筆事件」はその中でおもしろかった。
いじめに遭う少女が万年筆を盗んだと、みんなから攻撃対象になる。
そこに家庭的に恵まれない宗像君が登場する。
彼は万年筆を盗んだ真犯人を突き止める。
そしてかれは、家庭の事情で夜逃げをして少女から去って行く。
短編として実に見事な展開、印象に残る事件、読みやすさがそろっていた。

posted by 鎮爺 at 07:25| Comment(0) | 読書