2018年02月20日

登山者ための法律入門

溝手康史さんの「登山者ための法律入門 山の法的トラブルを回避する」を読んだ。
著者は弁護士なのでそれなりの責任を持って書いていると思う。
最近は、山の事故に関して責任問題がニュースとなっている。
世知辛い世の中になったものだと思うが、これも時代の流れ。
気になっていたことが載っている。
1.登山道以外の場所を自由に登れるのか?
2.標識を自由に取り付けて良いか?
3.登山届けの意味するものは?
4.山でのたき火について
5.犬連れ登山について
6.友人同士の登山、山岳会の登山でのリーダーの法的責任
こんなことが気になっていたのだが、ある程度の答えを知ることができた。
それにしても、救助隊員のミスや火山の噴火予測などを訴訟に持ち込むことが妥当なのだろうか?
裁判員制度も導入されている現在、一般常識と思えるものがそうでは無かったりする。
なにか昔の日本人の感覚がズレているように思えてならない。



posted by 鎮爺 at 21:04| Comment(0) | 読書

2018年02月11日

クリムゾンの疾走

樋口明雄さんの「クリムゾンの疾走: 南アルプス山岳救助隊K-9」を読んだ。
樋口さんの小説はおもしろい。
「クリムゾンの疾走」は 南アルプス山岳救助隊K-9の神崎静奈隊員の物語だ。
この山岳救助隊は南アルプス北岳を中心に活動する警察官。
特徴は山岳救助犬を配備している(実際には架空の設定)
神崎隊員はその犬のハンドラー。
長身でモデル体型の美人で髪はポニーテール、空手の達人でもある。
彼女の担当する救助犬はジャーマンシェパードでバロンという名前だ。
このバロンが連れ去られてしまう。
何のために連れ去られたのか?
バロンを連れ去った車を必死に追いかける。
その描写がものすごい。
この作品の読みどころでもあり、ページの多くをさいている。
しかし、それが長く感じられず一気に読み進めてしまった。
途中からなんとなく犯人がわかってしまい、どんでん返しがあるのかとも思ったが、期待通りその人物が犯人だった。

このk−9シリーズは文庫になれば購入している。
まだ文庫化されていないものもあるので楽しみだ。


posted by 鎮爺 at 08:59| Comment(0) | 読書

2018年02月03日

君は月夜に光り輝く

佐野徹夜さんの「君は月夜に光り輝く」を読んだ。
65才の年寄りが読むような本では無いような気がするが、表紙が気になったので手に取ってしまった。
物語は発光病に冒されて余命いくばくも無い少女と、その同級生のふれあいを中心にしている。
発光病とは?
実際にはそのような病気はありません。
物語上の架空の身体が発光するという病気で、原因不明治療も無い。
10代または20代前半までしか生きられないとの設定だ。

死期を感じている少女と、死を間近に見ることになる少年。
定番と言える設定で、やはり定番でほろりとくる。

作者のデビュー作ということであるが、その初々しい文章がさわやかだった。

posted by 鎮爺 at 09:15| Comment(0) | 読書