2017年10月09日

餓鬼岳殺人山行

梓林太郎さんの「餓鬼岳殺人山行」を読んだ。
作者の小説はどうも好きになれない。
都合の良い男女の描写が興ざめする。
ともかくタイトルが安易で山好きをターゲットにしていることが鼻につく。
とはいうものの、餓鬼岳に登る計画があったものだから、手に取ってしまった。

構成はそれなりにおもしろいのだが、なにも餓鬼岳で無くともいい。
実際に餓鬼岳を知っている人は読んでいると違和感があり、集中できないところがある。

posted by 鎮爺 at 07:35| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: