2018年03月20日

山の人生

柳田 国男氏の「山の人生」を読んだ。
もう100年も前の著作だ。
それだけに難解なところも多数ある。
まず、タイトルと内容が一致していない。
山人、仙人、天狗、神隠しはどんなものなのか?
山人は顔が赤く、身長は6尺程度で高く、腰に樹木の皮や葉を身につけていた。
里の人との交流は無く、虫、鳥、小動物を食しているという。
この本の中には西上州の妙義山、黒滝山が登場する。
この近くにも山人がいたのだろうか。
柳田国男氏によれば日本にいた先住民ということになる。
なぜ滅びたかは6の道筋があると言う。
山歩きをしていて何となく視線を感じたり、遺構らしきものを見たりすると果たして山人は絶滅していないと考えたくもなる。

posted by 鎮爺 at 11:28| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: