2018年10月28日

タンポポ団地のひみつ

重松清さんの「タンポポ団地のひみつ」を読んだ。
なんとなく重松清さんが気になっていた。
それは宮下奈都さんの「なつかしいひと」に出てくる。
「重松清っていいよね!!」という台詞だった。
そこで機会があったら読もうと思っていた。
書店の棚のなかで、無難と思えるようなものを選んだのがこれだった。

タイムトラベラーSF作品のような内容だが、読んでみて、どうもしっくりこない。
おそらくこの作者の作品はもう読まないだろう。


posted by 鎮爺 at 19:45| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: