2018年11月11日

日本アルプスの彗星

谷山稜さんの「日本アルプスの彗星」を読んだ。
なかなか面白い。
オヤジの淡い恋心を描いているというか、願望を描いているのかもしれない。
白馬岳の先に不帰嶮で若い女性に会う。
女性は大型のザックを背負って日本海の糸魚川からアルプスを縦断して太平洋に行くという。
それも単独でテント泊だという。
こうなるとオヤジは当然興味を持ってしまうだろう。
縦走する女性の先回りをしてサポートをしていく。

はたして、太平洋にたどり着くことができるのか。
その時は確実に迫ってくる。
妻子をどうするのか?

それにしても、物語に出てくる山は歩いたところがほとんどだ。
読みながらその記憶を辿るのは楽しい。

この物語にはモデルがいる。
1999年に実際に歩いているそうだ。
ところがネットで検索すると、その後も女性が単独で縦断している。
すごい人がいるものだ。

posted by 鎮爺 at 19:53| Comment(0) | 読書
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: